忍者ブログ
4歳の娘。
例に漏れず、飴やチョコレート、ケーキなどが大好きです。
僕も子供の頃はそうでした。
でもまあ、親になると虫歯や肥満など色々と心配事が増えるもので。
そういった病気にならない程度に食べてもらえば(食べさせれば)いいのかなぁと思っていても、たくさん食べている姿を見るとついつい口煩くなってしまいがち。

先日のこと。
夕飯の席で娘が「あーもうお腹いっぱい、食べれない~」とこちらをチラチラ見てきます。
見るとお茶碗にご飯が少し残っています。
普段なら残さず食べなさいと言うところ、この日は、おかずもお味噌汁もしっかり食べていたので、「じゃあ、残りはお父さんが食べてあげるから、ご馳走様でしたしてね」と。
「うん、ごちそうさまでした~」と安堵したような娘。

みなの食事が終わり、
「じゃあ、デザート食べようか」となると
「うん、食べる食べる!」と張り切る娘。
ここでちょっとした意地悪をしてみることに。
「Mちゃんは『おなかいっぱい』だからデザートは食べられないよね。お父さんとお母さんは食べるね。」
・・・
「えっ!」
・・・
自分の言動の矛盾を突かれたときの「やっちまったぁ~」というあの独特の表情を見せる。
思わず吹き出しそうになったけど、我慢してさらに責める。
「お腹いっぱいの人はデザート食べられないでしょ?。」
すると、
「ご飯は入らないんだけどね~、デザートは入るの。ほら!見て。私のお腹大きいじゃん。ねっ!デザートは食べられるの。わたし!ご飯は駄目なんだけど。”お腹いっぱい”っていうのは、・・・・・」
必死で説明を始める娘に夫婦共々大爆笑!

まだ、”別腹”という単語を持たない彼女が、自分の持てる語彙の全てを使ってそれを表現してくれました。
その可愛らしさに無罪放免となり、無事デザートをゲットできたのでした。

あー、子供ってオモシレー。




拍手[4回]

PR
< 2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >
<<  >>

忍者ブログ  [PR]